サポート情報

M-AUDIO M-Track Solo / Duo

よくあるご質問

[ 2021-02-17 ]

Q: 音が遅れて聞こえる。

A: WINDOWSでご利用になる場合はドライバー/ASIOを導入してください。※Macの場合は必要ありません。

ASIO「Audio Stream Input Output」はドイツのSteinberg社が策定したドライバー規格です。Windows搭載PCでASIO対応ソフトウェアや機器を使用する際に機能的・音質的に最高のパフォーマンスを得られるドライバーで、Windowsでの音楽制作用のサウンドドライバーとして広く普及しています。 Windowsには標準で搭載されているDirectSound、MME、WDM、WASAPI、USB Audio 2.0、DirectXなどのサウンドドライバーがあり、通常の音楽・動画再生だけであれば全く問題ありませんが、シビアな音楽制作の場ではこれらWinodws標準ドライバーのままでオーディオインターフェースやMIDIキーボードを使用すると遅延(レイテンシー)が発生し演奏や録音に大きな影響を及ぼします。 また、ソフトウェア内部のバッファサイズ設定を調整することで遅延(レイテンシー)を改善できることもありますが、PCのスペックによっては処理仕切れずに音切れやノイズが発生する場合があります。こういった問題を解決する為にASIOドライバーの導入が必要となります。ハードウェア(オーディオインターフェース)にはそれぞれに対応したドライバー(ASIOを含んだ)が配布されていますので、必ずダウンロードしてインストールを済ませておきましょう。また、ソフトウェア側の設定で使用する製品の専用ドライバー/ASIOを必ず選択しておきましょう。また、場合によってはダイレクトモニタリング機能も使用しましょう。
※ASIOドライバーはオーディオインターフェースなどのハードウェアメーカーがそれぞれのハードウェアに対応したものを配布していますが、ASIO非対応デバイスをASIO化するためのフリーのドライバー「ASIO4ALL 」というものも存在します。 ※弊社ソフトウェアではございませんので使用方法や詳細に関しましてはサポート対象外となります。

↑トップへ

Q: ギターやマイクで音声入力・録音を行っていますが片側のチャンネルにしか録音されません。

A: オーディオインターフェースのINPUT1、またはINPUT2にのみ接続している場合は、DAWや録音ソフトウェア側のオーディオトラックをモノラルトラックとして立ち上げてください。また各DAWやソフトウェア/アプリケーションのオーディオインターフェースの設定も合わせてご確認ください。ステレオで録音する場合は、INPUT1/2の両方に接続してください。

↑トップへ

Q: DAWなどの音楽ソフト使用時に動画配信サイトや音楽プレーヤーを同時に再生しようとすると問題が起こります。

A: これらのサービスやソフトウェアがASIOに対応しているかご確認ください。ASIOに対応していない場合は、同時にご利用できません。DAWなどの音楽ソフトを閉じていただくか、ドライバーをASIO以外のWindows標準ドライバーに切り替えてご利用ください。

↑トップへ

Q: 接続しましたがPCで正しく認識されず、ソフトウェア内部の設定でも製品を選択できません。

A: デバイスマネージャー(Windows)/ AudioMIDI設定(Mac)での認識を確認しましょう。USBハブなどをお使いの場合は直接PCに接続したりUSBポートを変えてみましょう。またはドライバーを再インストールしてみましょう(Windowsの場合)

↑トップへ

Q: 新OS Big SurやM1チップのMacでも問題無く動作するでしょうか。

A: Mac OS Big Surと新CPUにつきましては現在動作テストを行っております。弊社製品を引き続きダウンタイムなくご利用いただく為に、ハードウェアならびにソフトウェアの正式対応のご案内をする前にMac OS Big Surにアップデートすることはお控えいただき、正常に動作している現在の環境のままお持ちいただきますようお願いいたします。正式対応のお知らせにつきましては、各種SNS、弊社ウェブサイトにてご案内させていただきます。

↑トップへ

M-AUDIOサポート情報 " M-Track Solo / Duo "
--- 閉じる ---

http://inmusicbrands.jp/m-audio/